書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出してから

出版した本を息の長い本にするためには

投稿日:

最近では、書籍が発刊されて、すぐに売れない本は、翌月に1000部以上が返本されてきます。

返本されてしまっては、その後、売れる可能性はかなり下がります。

そこで、息の長い本にするためのポイントです。

 

それは、「元棚を明確にした企画」にすることです。

 

元棚とは、書籍が本来置かれる棚のことを言います。

棚は、ご存知の通り、書店にある棚ですが、棚はカテゴリー分けをされております。

つまり、どこのカテゴリーの棚に置くべき書籍なのか明確な書籍が息が長い書籍となるのです。

 

書籍は、発刊されると、まず、各棚の前に平積みで置かれます。

そこで売れれば、より目立つ場所に移動になります。

しかし、結果がでないと、次の新刊と差し替えられるのですが、その時、置く棚が明確だと、棚差しされますが、どのカテゴリーに置くべき書籍なのかが不明瞭だと、返本されるのです。

 

大手書店では、棚もかなり細分化されておりますので、置かれたい棚のキーワードが書名に入るようにすると良いでしょう。

Ad

Ad

-書籍を出してから

執筆者:

関連記事

no image

著者による自己買いするなら、著者購入か、書店購入か

本が発刊されると、出版社から10冊ぐらいの見本誌をいただくことができます。 しかし、10冊では、親戚・知人に配ると、アッという間に無くなってしまうことでしょう。 そうなると、自分で買い足さなくてはなり …

no image

出版社が倒産したら、出た本は…

今回は、出版社が倒産した場合について書きたいと思います。 まず、出版社とはいえ企業ですので、倒産するまでには民事再生での再建を目指した上で、ダメなようなら倒産となります。 当然、民事再生であれば、再建 …

no image

本は著者が売る時代

2007年ぐらい前までは、アマゾンで1位になれれば、ベストセラーになれると言われておりました。 しかし、その情報が浸透すると、皆、アマゾンキャンペーンを展開し、アマゾンの1位が捏造という扱いをされるよ …

no image

著者による本の販売促進キャンペーン

最近では著者さんによる販売促進キャンペーンを行うケースがかなり多いようです。 ただ、この著者さんによる販売促進キャンペーンも目的を持って行わないと、全く意味が無いものになってしまいます。 今回は、目的 …