書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

本を書いてみたいと思ったら

投稿日:

あなたが、もし、本を書いてみたいと思ったら、まず、自分の経験や実績の中から、自分にしかできないコト、自分しか知らないコトを考えてみましょう。

しかも、そのコトは概要を話しただけでは真似のできないレベルでなくてはなりません。

そのコトに魅力があり、それなりの市場規模が見込めるのであれば、きっと、本を書くことができます。

 

逆に誰でもやっているコトや誰でも知っているコトであれば、あなたが書く必要はありません。

もっと、肩書きがある方や有名な方が書いた方が本は売れるからです。

 

書きたいことが見つかったら、企画書にして出版社や編集プロダクションに売り込んだり、知り合いに紹介してもらうと良いでしょう。

もし、そういうツテが無いのであれば、サイトやブログにまとめたり、メルマガを発行したり、セミナーを開催してみてはいかがでしょうか?

 

他にも、書籍にする前に情報商材にまとめて販売しても良いかもしれません。

 

そういう一つ一つの実績が、書籍化への道をグッと近づけてくれることでしょう。

ただし、その実績で誰にでも理解できるほど掘り下げてしまいますと、その瞬間からあなたが書く必要が無くなってしまう可能性もあります。

だからといって、あまり公開しないのでは意味がありません。

その微妙なさじ加減は、とても重要なことなので、細心の注意をはらうようにしましょう。

 

いずれにしても、重要なことは「あなたにしか書けないコト」を探すことです。その内容がより売れそうであればあるほど、条件も良くなりますし、待遇も良くなります。

出版社としても、あなたにしか書けないのであれば、あなたに書いてもらうしかないのですから。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

商業出版デビューできる人、できない人

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。 そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。 つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビュー …

出版社に企画を売り込んでくる人が意外に守られていないメールマナー

多くの方々とメールのやりとりをしていると、意外にメールマナーが守られていないことに気づきます。 このメールマナーが、業界内の常識なのか、一般的な常識なのかの判断は、私にはできないので、書いておきます。 …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …