書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

本が売れるためには、出版社選びも重要

投稿日:

あなたが企画を売り込む場合、その企画を持ち込む出版社を選ばなくてはなりません。

数多くある出版社から、どう選べば良いのかを紹介します。

 

まず、あなたの企画のジャンルが、その出版社から出ているかを既刊書を見て確認してください。

大手出版社は総合的に本を出していますが、それでも苦手なジャンルはあります。

逆に中小の出版社の場合、あるジャンルに特化している場合が多いです。

筋違いの出版社に企画を持っていっても、一蹴されて終わりますので、必ずチェックしてから売り込むようにしてください。

 

また、そのジャンルを扱っていたとしても、あなたの企画の切り口を受け入れてくれる出版社なのかも確認した方が良いでしょう。

パソコン書を例にすると、裏技的な企画を受け入れてくれる出版社とそうでない出版社は一目瞭然です。

これを「この出版社は、まだ裏技的な企画を出していないから狙い目」などと判断して、売り込みに行くとやはり一蹴されることでしょう。

それなりに既刊書がある出版社であれば、「出てない」のではなく、「出さない」と判断した方が無難です。

 

また、あなたの企画が本になった場合、その本が売れるかどうかでも出版社選びは重要です。
全国に書店は1万2500店舗と言われております。

それに対して、出版物の初版部数は4000部~8000部ぐらいです。

しかも、大きな書店では、10冊ぐらい置いてあったりしますので、全国の書店に行き渡ることはほとんどありません。

そうすると、初版部数を多めに刷ってくれる出版社の方が良かったりします。

もちろん、初版部数が多ければ、印税収入も上がります。

また、営業力のある出版社でしたら、書店に平積みで置いてもらったり、長期的に置いてもらうことも可能です。

 

他にもコンビニに置いている出版社かどうかも見てみるのも良いでしょう。

 

いずれにしても、これらのことは、売り場に行って確認してみるのが手っ取り早いです。

出版社によって、ここの書店には強いとか、弱いとかもありますので、あなたの本をどういうところで売ってもらいたいかを考え、その売り場を確認し、その売り場で一番はばをきかせている出版社を第一候補としてはいかがでしょうか。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

商業出版デビューできる人、できない人

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。 そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。 つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビュー …

売上販売部数を意識して出版企画を考える

本を書きたい人は、その本への思い入れがあります。 もちろん、たくさん売れるにこしたことはありませんが、それはあくまでも希望であって、目標は別にあるはずです。 本を出せればいい人 出版社に損させなければ …

本を書いてみたいと思ったら

あなたが、もし、本を書いてみたいと思ったら、まず、自分の経験や実績の中から、自分にしかできないコト、自分しか知らないコトを考えてみましょう。 しかも、そのコトは概要を話しただけでは真似のできないレベル …

出版社の編集者と著者のコミュニケーション

出版社は、売れると思い、書籍を発刊します。 書籍を発刊するためには300万円以上の資金を投入しなければなりません。 そして、書籍の売上で、投入した資金を回収し、さらに利益を出さなければ、出版社は潰れて …

出版した本で著者ブランディングするには

最近、出版社の担当者と打ち合わせをする場合、ブランディング目的が全面に出ると、足元を見られる傾向があるようです。   本来、書きたいことで書籍を発刊するためには、一般的に自費出版や共同出版と …