書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

本が売れるためには、出版社選びも重要

投稿日:

あなたが企画を売り込む場合、その企画を持ち込む出版社を選ばなくてはなりません。

数多くある出版社から、どう選べば良いのかを紹介します。

 

まず、あなたの企画のジャンルが、その出版社から出ているかを既刊書を見て確認してください。

大手出版社は総合的に本を出していますが、それでも苦手なジャンルはあります。

逆に中小の出版社の場合、あるジャンルに特化している場合が多いです。

筋違いの出版社に企画を持っていっても、一蹴されて終わりますので、必ずチェックしてから売り込むようにしてください。

 

また、そのジャンルを扱っていたとしても、あなたの企画の切り口を受け入れてくれる出版社なのかも確認した方が良いでしょう。

パソコン書を例にすると、裏技的な企画を受け入れてくれる出版社とそうでない出版社は一目瞭然です。

これを「この出版社は、まだ裏技的な企画を出していないから狙い目」などと判断して、売り込みに行くとやはり一蹴されることでしょう。

それなりに既刊書がある出版社であれば、「出てない」のではなく、「出さない」と判断した方が無難です。

 

また、あなたの企画が本になった場合、その本が売れるかどうかでも出版社選びは重要です。
全国に書店は1万2500店舗と言われております。

それに対して、出版物の初版部数は4000部~8000部ぐらいです。

しかも、大きな書店では、10冊ぐらい置いてあったりしますので、全国の書店に行き渡ることはほとんどありません。

そうすると、初版部数を多めに刷ってくれる出版社の方が良かったりします。

もちろん、初版部数が多ければ、印税収入も上がります。

また、営業力のある出版社でしたら、書店に平積みで置いてもらったり、長期的に置いてもらうことも可能です。

 

他にもコンビニに置いている出版社かどうかも見てみるのも良いでしょう。

 

いずれにしても、これらのことは、売り場に行って確認してみるのが手っ取り早いです。

出版社によって、ここの書店には強いとか、弱いとかもありますので、あなたの本をどういうところで売ってもらいたいかを考え、その売り場を確認し、その売り場で一番はばをきかせている出版社を第一候補としてはいかがでしょうか。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

編集者が採用したくなる出版企画書の書き方

こういう活動をしているので、数多くの企画書を見させていただいております。 その中で気になるのが、著者プロフィールや企画意図の文面です。   出版社は、「この人が、この企画を書くのに最適な人な …

出版デビューするための通る企画の考え方

出版デビューしたいと思ったら、まずは書きたいコトを本にしようと思っていませんか? ほとんどの方の書きたいコトは、書籍になりません。   それは、あくまでも自己満足なので、商業出版ではなく、自 …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …