書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画の売り込み

出版社に売り込みやすいジャンル

投稿日:

何でもかんでも書籍にできるわけではありません。

出版社にも傾向はありますし、書店にも流行はあります。

ということで、出版社に売り込みやすいジャンルを公開します。

  • 儲かる企画(ただし、株・FXは飽和状態のため、厳しい)
  • コンプレックス企画(美容・ダイエットなど)
  • 起業企画
  • ビジネス書企画
  • パソコン書企画
  • 実用書企画

 

 

間違いなく無理なのは、詩や小説、自伝などです。

参考にしていただけたらと思います。

 

ちなみに、この書き込みは、私に特定した話なので、他の方であれば、他の結果が出ることでしょう。

私には手におえない企画でも、諦めることなく頑張ってください。

 

Ad

Ad

-企画の売り込み

執筆者:

関連記事

編集者とは会わなきゃ伝わらないコトもあります

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む時は、できる限り、担当者に会うようにしましょう。   企画書をメールで送ると、その企画書が全てです。 その企画書だけで判断されることになります。 & …

出版しやすいジャンル

ズバリ!それは実用書、ビジネス書です。 エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なコトではありません。 絶対に売り込めないとは言いませんが、出版社の担当編集 …

通りやすい本の企画と出版社へ売り込むタイミング

出版社には通りやすい企画というのがあります。 それは、改訂、バージョンアップ、ニューモデルなどです。   勘違いしてはいけないのですが、新規や新商品ではありません。   これは、我 …

出版社が企画を求める時期とタイミング

ごく稀に企画内容よりも納期優先で企画が決まることがあります。 実は、それには出版社側の事情があるのです。   出版社は、一ヶ月の刊行点数がだいたい決まっています。 その決まった点数で取次ぎの …

複数の出版社で同じ企画が通ってしまったら?

基本的には、同時に複数の出版社へ企画を売り込むのは、道義上問題があります。 できるだけ、一社一社に売り込みをかけて、結果が出るまで待つようにしてください。   ただ、そうも言っていられない場 …