書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版社に企画を売り込んでくる人が意外に守られていないメールマナー

投稿日:

多くの方々とメールのやりとりをしていると、意外にメールマナーが守られていないことに気づきます。

このメールマナーが、業界内の常識なのか、一般的な常識なのかの判断は、私にはできないので、書いておきます。

 

まず、メールの形式です。

メールの形式には、HTML形式とテキスト形式がありますが、HTML形式のメールはフィルタで弾く設定にしている人が多いです。

必ず、メールはテキスト形式でお送りください。

 

次は、送信者です。

フリーの方に多いのですが、プライベートのメールと使い分けていないため、たまに「○○ちゃんママ」という送信者名で届くメールがあります。

その場合、中身も確認せずにゴミ箱に捨てられることが多いです。

公私の区別は、しっかり行ってください。

 

最後に添付ファイルの件です。

出版業界は、Macユーザーも多いので、Windowsの常識でファイルを送られても困ります。

MacユーザーといってもOS Xなら良いのですが、いまだにOS9.Xという方も少なくないのです。

例えば、ファイル名の文字数。

Windowsは半角255文字(全角127文字)までとなりますが、Macだと半角31文字(全角15文字)までです。

つまり、あまり長いファイル名だと、Macでは文字化けしてしまい、どのファイルか分からなくなります。

また、ファイル名に使える文字も違います。

Windowsは、半角の/などの記号は使えませんが、MacのOS9.Xだと使えます。

他にもアプリケーションの問題もあります。

よく企画書をWordでかかれる方が多いのですが、Wordは重いので、Wordというだけで見る気が失せることが多いです。

最近では、Word2007を使った場合、今までと拡張子が違うため、ファイルを開くために一手間かかります。

また原稿の納品の場合、さらに深刻です。

原稿をWordで納品すると、文頭の1角落としが無くなったり、箇条書きの約物のあとにタブが入ったりしてしまいます。

この場合、受け取った編集者が手動で直さなくてはならないため、膨大な作業が発生してしまいます。

このような方に二度と原稿を発注したくなくなるのは、ご理解いただけると思います。

このように、アプリケーション依存のファイルの場合、相手がそのアプリケーションを持っているか分からないため、汎用性の高いTXTファイルなどで送るようにしてください。

あとは添付ファイルの容量の件です。

添付ファイルが1MB以上になるときや複数のファイルを添付するときは、できるだけ圧縮してください。

圧縮の方法も同様に注意が必要です。

一般的なのは、LZH形式やZIP形式だと思います。

ZIP形式は、Macで開くとクラッシュする可能性が高いので、LZH形式で送ることをオススメします。

容量については、圧縮して5MBぐらいまでであれば、添付しても問題ありませんが、10MBぐらいになるようでしたら、事前に連絡するようにしてください。

それを超える場合は、「宅ファイル便」などの転送サービスを利用しましょう。

以上です。

 

このように、相手が必ずしもWindowsで受け取るわけではありませんので、相手がどのようなOSでも受け取れるように配慮するようにしてください。

できるだけ、汎用性の高いファイル形式で送ることをオススメします。

分からない場合は、先に聞くようにしてください。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版社の編集者と著者のコミュニケーション

出版社は、売れると思い、書籍を発刊します。 書籍を発刊するためには300万円以上の資金を投入しなければなりません。 そして、書籍の売上で、投入した資金を回収し、さらに利益を出さなければ、出版社は潰れて …

著者になりたいという意志

出版デビューするためには、著者になりたいという意志が必要です。 一見、当たり前のようですが、著者になるということは、本当に大変なことなのです。 その大変さを理解し、強い意志をもって取り組まなくては、大 …

編集者が採用したくなる出版企画書の書き方

こういう活動をしているので、数多くの企画書を見させていただいております。 その中で気になるのが、著者プロフィールや企画意図の文面です。   出版社は、「この人が、この企画を書くのに最適な人な …

本気で本を出版したのなら

出版するというコトは、出版社に自分の企画に投資をしてもらうのに等しいと言っても過言ではありません。 そして、そのための企画書です。 しかし、最近、弊社に届く企画書に口語体で書かれた企画書が非常に多いで …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …