書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版するならタイミングが大切

投稿日:

以前、知り合いのソフトダーツの日本代表選手だった方が、本を書きたいと相談にお見えになりました。

当初、ソフトダーツの実用書でしたが、出版社の意向で「ビジネス書の切り口なら」といわれたのですが、本人が乗る気ではなく、保留したまま時間が経過してしまいました。

そして、半年ぐらい経って、その切り口でも構わないと回答いただけたのですが、『時すでに遅し』でその時点ではすでに出版社の方も萎えてしまっており、出版の確定にはいたりませんでした。

 

こういう話はけっこうあります。

 

出版物には少なからず、“旬”というものが存在します。

そして、出版社の担当者にも“波”というものが存在します。

 

今はダメと言われた企画でも、後で通ることもありますし、他の出版社だと通ることもあります。

逆に今なら通るけど、一ヵ月後だと通らないこともあるのです。

 

そういった意味でも、できる限り、チャンスは活かして欲しいと思います。

そして、そのチャンスを逃さないためにも、できるだけ迅速な対応をするようにしてください。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

編集者が採用したくなる出版企画書の書き方

こういう活動をしているので、数多くの企画書を見させていただいております。 その中で気になるのが、著者プロフィールや企画意図の文面です。   出版社は、「この人が、この企画を書くのに最適な人な …

出版した本で著者ブランディングするには

最近、出版社の担当者と打ち合わせをする場合、ブランディング目的が全面に出ると、足元を見られる傾向があるようです。   本来、書きたいことで書籍を発刊するためには、一般的に自費出版や共同出版と …

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

本気で本を出版したのなら

出版するというコトは、出版社に自分の企画に投資をしてもらうのに等しいと言っても過言ではありません。 そして、そのための企画書です。 しかし、最近、弊社に届く企画書に口語体で書かれた企画書が非常に多いで …

出版は著書があったら有利なのか?

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。   しかし、その著書が、共同出版や自費出版では意味がありません。   …