書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版するならタイミングが大切

投稿日:

以前、知り合いのソフトダーツの日本代表選手だった方が、本を書きたいと相談にお見えになりました。

当初、ソフトダーツの実用書でしたが、出版社の意向で「ビジネス書の切り口なら」といわれたのですが、本人が乗る気ではなく、保留したまま時間が経過してしまいました。

そして、半年ぐらい経って、その切り口でも構わないと回答いただけたのですが、『時すでに遅し』でその時点ではすでに出版社の方も萎えてしまっており、出版の確定にはいたりませんでした。

 

こういう話はけっこうあります。

 

出版物には少なからず、“旬”というものが存在します。

そして、出版社の担当者にも“波”というものが存在します。

 

今はダメと言われた企画でも、後で通ることもありますし、他の出版社だと通ることもあります。

逆に今なら通るけど、一ヵ月後だと通らないこともあるのです。

 

そういった意味でも、できる限り、チャンスは活かして欲しいと思います。

そして、そのチャンスを逃さないためにも、できるだけ迅速な対応をするようにしてください。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

本を書いてみたいと思ったら

あなたが、もし、本を書いてみたいと思ったら、まず、自分の経験や実績の中から、自分にしかできないコト、自分しか知らないコトを考えてみましょう。 しかも、そのコトは概要を話しただけでは真似のできないレベル …

出版するには…

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。 つまり、最初は素人 …

出版デビューするための通る企画書の作り方

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。 いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。   しかし、この …

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …