書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

著者が本を販促するなら…

投稿日:2014年4月25日 更新日:

これからは、著者が本を売る時代になってきました。

ただ、著者が本を売るということは、出版社の役割が軽くなるということでもあります。

だったら、企画を通す敷居を少し下げてもらわなくては、不公平でしょう。

 

そこで、「アマゾンキャンペーンで2000部は売ります。売れ残ったら買い取ります。」と言ってみてはいかがでしょうか?

 

そうすることで、出版社としては、2000部の販売を確保することになりますので、企画を通す敷居は間違いなく下がります。
(1000部だと微妙ですが、2000部以上なら問題ないでしょう)

 

これは、著者のアドバンテージになるはずです。

 

もちろん、出版社のやり方では売れなくなってきているものの、出版社はそれでも同じコトを繰り返します。

それは、今までと同様に人やモノが動くということなので、今までと同様の原価は掛かります。

なので、そういうことを言っても条件は変わることはありません。

 

それでも、企画は通りやすくなり、出版への目標は、間違いなく近づくはずです。

 

もし、キャンペーンで2000部以上売る自信のある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ただし、私の経験上、2000部はかなり大変だと思いますが…。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版デビューするための通る企画書の作り方

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。 いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。   しかし、この …

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

出版社に企画を売り込んでくる人が意外に守られていないメールマナー

多くの方々とメールのやりとりをしていると、意外にメールマナーが守られていないことに気づきます。 このメールマナーが、業界内の常識なのか、一般的な常識なのかの判断は、私にはできないので、書いておきます。 …

売上販売部数を意識して出版企画を考える

本を書きたい人は、その本への思い入れがあります。 もちろん、たくさん売れるにこしたことはありませんが、それはあくまでも希望であって、目標は別にあるはずです。 本を出せればいい人 出版社に損させなければ …