書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

売上販売部数を意識して出版企画を考える

投稿日:2014年5月13日 更新日:

本を書きたい人は、その本への思い入れがあります。

もちろん、たくさん売れるにこしたことはありませんが、それはあくまでも希望であって、目標は別にあるはずです。

  • 本を出せればいい人
  • 出版社に損させなければいい人
  • 3万部以上にしたい人
  • 10万部を目指したい人

実は、この目標設定は、非常に重要です。その目標によって、企画書の書き方も変わってきますし、原稿の書き方も変わってきます。

○本を出せればいい人

ここが目標なら、出版社での企画会議に通る企画書を作ればよいのです。

極論ですが、自費出版に近いコストをかければ通りやすくなりますし、出版社の担当者を言いくるめられれば、目標は達成されます。

もちろん、一冊以上の書籍は出せなくなるとおもいますけどね。

(私もここが目標の方には、お手伝いしたいと思いません)

 

○出版社に損させなければいい人(増刷がかかるレベル)

ここが目標なら、出版社での企画会議に通る企画書を作るだけではなく、読者にとって有意義な内容にしなくてはなりません。

 

○3万部以上にしたい人(ビジネス書ではベストセラー)

ここが目標なら、さらに本が発刊された後に売れる仕掛けを作る必要が出てきます。

 

○10万部を目指したい人

ここが目標なら、根本から考えて直す必要があります。

多くの方が、本を書くことで自分のブランディングをしようとしますが、ここが目標となると著者としてのブランディングからはじめる必要があります。

しかも、かなり際立ったブランディングが必要なため、ある程度の開き直りに近い覚悟が必要になります。

その上で、企画内容、誌面構成、原稿、書名、カバーなど、いたるところでこだわらなくてはなりません。

そのためには、出版社の方とのコミュニケーションも重要ですし、時間もかかります。

しかも、実際は、こだわればこだわるほど、ギャンブル性が高くなります。

当たれば、もの凄く売れますが、外れたら、全く売れないのです。

(責任転嫁しやすくするために、ここを目標にした出版プロデューサーもいらっしゃいます)

 

本を書きたいのであれば、希望ではなく、しっかりと目標を立てて、取り組んでください。

希望だけでは本は売れませんので…。

 

で、あなたは、どこを目標にしますか?

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

商業出版デビューできる人、できない人

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。 そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。 つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビュー …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …

出版は著書があったら有利なのか?

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。   しかし、その著書が、共同出版や自費出版では意味がありません。   …

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …