書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画の売り込み

出版したい企画を売り込むなら…

投稿日:2014年9月8日 更新日:

書籍の執筆をしたいと思ったら、その書籍の企画を発行してくれる出版社を探さなくてはなりません。

その場合、ほとんどの方が出版社に売り込みに行かれることでしょう。

 

もちろん、それが最短距離ではあります。

 

インターネットの普及で、ほとんどの出版社がホームページを持っており、そこには「お問い合わせ」という項目があるので、気軽にメールでアポを取れる環境になったといえるでしょう。

しかし、書籍を書きたい方々はたくさんいらっしゃいます。

その多くの方々の売り込みを出版社は相手にしてくれるのでしょうか。

出版社の方は、きちんと他の業務もありますし、本になりそうかどうかも分からない未経験者の企画書を端から目を通す時間はありません。

そういった意味では、出版社側は未経験者の売り込みに対して懐疑的で、おのずと敷居は上がってしまいます。

 

しかも、1社に売り込んで失敗すると、またゼロから次の出版社へ売り込まなければなりません。

出版社への売り込みは、最短距離ではありますが、意外に険しい道なのです。

 

では、どこに売り込むのが良いのか?

 

それは、出版業界の知り合いか編集プロダクションでしょう。

出版業界の知り合いからの紹介であれば、出版社の方も企画をきちんと検討してくれますし、本にするためのアドバイスをしてくれることもあるでしょう。

もう一方の編集プロダクションは、複数の出版社と取引をしていることが多いので、1社の編集プロダクションに売り込めれば、その向こうにある複数の出版社へ売り込んでもらえる可能性があります。

しかも、編集プロダクションからの売り込みであれば、関係者が目を通した企画なので、出版社も書籍になりうる企画だろうと思って見てくれるため、敷居はさがります。

編集プロダクションによっては、懇意にしている出版社を持っているところもありますので、その場合、強引にでもねじ込んでくれることもあるでしょう。

もし、その編集プロダクションの取引先に売り込んでもらって失敗したとしても、売り込むための企画書は精査してくれますので、より完成度の高い企画書にはなるはずです。

その企画書であれば、自ら出版社に売り込んでも、採用される可能性は高くなります。

 

そういった意味では、最初に編集プロダクションに持ち込むのは良い方法かもしれません。

Ad

Ad

-企画の売り込み

執筆者:

関連記事

no image

複数の出版社で同じ企画が通ってしまったら?

基本的には、同時に複数の出版社へ企画を売り込むのは、道義上問題があります。 できるだけ、一社一社に売り込みをかけて、結果が出るまで待つようにしてください。   ただ、そうも言っていられない場 …

no image

出版企画書を送る前に著者名で検索してみよう

出版社に企画書を送り、感触が良かった場合、最後の確認作業の一つに『著者名を検索エンジンで検索する』というものがあります。   本来の目的は、著者がどういう活動をしているのかをチェックするため …

no image

出版業界は狭いので、トラブルには要注意

出版社は、全国に4000社以上あると言われておりますが、実際に定期的に刊行している出版社は1割り以下だと思います。 さらに、その中で、ビジネス書を刊行している出版社は?といえば、数十社ぐらいだろう。 …

no image

出版しやすいジャンル

ズバリ!それは実用書、ビジネス書です。 エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なコトではありません。 絶対に売り込めないとは言いませんが、出版社の担当編集 …

no image

出版社に売り込みやすいジャンル

何でもかんでも書籍にできるわけではありません。 出版社にも傾向はありますし、書店にも流行はあります。 ということで、出版社に売り込みやすいジャンルを公開します。 儲かる企画(ただし、株・FXは飽和状態 …