書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版するために必要な3つのコト

投稿日:

出版デビューをするためにには、次の3つのコトが重要になります。

  • ネタの厳選
  • 通る企画書
  • 売り込む出版社

この3つがしっかりできれば、出版デビューは決して難しいものではありません。

ただし、いずれもひとりで考えていると、誤解してしまうことも多いですし、業界内にいないと理解できないことも多いようです。

私自身、永年、この業界におりますので、あまり意識していなかったのですが、多くの出版デビュー希望者の方と話していると、切にそう思います。

そういう意味では、私に限らず、業界内の人間と一度お話しすることオススメします。

 

商業出版デビューのためのセミナーもたくさん開催されているようです。

もちろん、私もセミナーでお話したりもしますので、そこに参加していただけるとありがたいですが…。

いずれにしても、そういう業界内の人間との出会いが、出版デビューへの第一歩だと認識してください。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

書籍を出したければ、まずは企画書を書こう

「本を書きたい」と思っていらっしゃる方は多いようですが、何を書きたいのかまで固まっている方は少ないようです。 そんな時は、まず企画書を書いてみましょう。   企画書を書くことで、誰に、何を伝 …

出版するには…

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。 つまり、最初は素人 …

著者になりたいという意志

出版デビューするためには、著者になりたいという意志が必要です。 一見、当たり前のようですが、著者になるということは、本当に大変なことなのです。 その大変さを理解し、強い意志をもって取り組まなくては、大 …

出版社に企画を売り込んでくる人が意外に守られていないメールマナー

多くの方々とメールのやりとりをしていると、意外にメールマナーが守られていないことに気づきます。 このメールマナーが、業界内の常識なのか、一般的な常識なのかの判断は、私にはできないので、書いておきます。 …

売上販売部数を意識して出版企画を考える

本を書きたい人は、その本への思い入れがあります。 もちろん、たくさん売れるにこしたことはありませんが、それはあくまでも希望であって、目標は別にあるはずです。 本を出せればいい人 出版社に損させなければ …