書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版するために必要な3つのコト

投稿日:

出版デビューをするためにには、次の3つのコトが重要になります。

  • ネタの厳選
  • 通る企画書
  • 売り込む出版社

この3つがしっかりできれば、出版デビューは決して難しいものではありません。

ただし、いずれもひとりで考えていると、誤解してしまうことも多いですし、業界内にいないと理解できないことも多いようです。

私自身、永年、この業界におりますので、あまり意識していなかったのですが、多くの出版デビュー希望者の方と話していると、切にそう思います。

そういう意味では、私に限らず、業界内の人間と一度お話しすることオススメします。

 

商業出版デビューのためのセミナーもたくさん開催されているようです。

もちろん、私もセミナーでお話したりもしますので、そこに参加していただけるとありがたいですが…。

いずれにしても、そういう業界内の人間との出会いが、出版デビューへの第一歩だと認識してください。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

商業出版デビューできる人、できない人

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。 そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。 つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビュー …

本を書いてみたいと思ったら

あなたが、もし、本を書いてみたいと思ったら、まず、自分の経験や実績の中から、自分にしかできないコト、自分しか知らないコトを考えてみましょう。 しかも、そのコトは概要を話しただけでは真似のできないレベル …

ブログで人気が出て、書籍化されるには

すでに数々の人気ブログが存在し、書籍化するケースも少なくありません。 しかし、その書籍化した本で、売れた本は意外に少ないのです。 そのため、現状では、出版社もブログの書籍化については後ろ向きな傾向にあ …

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …