書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版デビューするための通る企画の考え方

投稿日:2014年6月9日 更新日:

出版デビューしたいと思ったら、まずは書きたいコトを本にしようと思っていませんか?

ほとんどの方の書きたいコトは、書籍になりません。

 

それは、あくまでも自己満足なので、商業出版ではなく、自費出版で出すべきコトなのです。

 

では、何を書けばいいのかといえば、お金をいただくに値する情報ということになります。

あなたが周りによく聞かれること、驚かれること、褒められるコトは書くコトを探す上でのヒントになるでしょう。

たとえば、「お宅のお子さんは礼儀正しいですね」と褒められるのであれば、「子どもを礼儀正しく育てる方法」という書籍を出せるということです。

このことは、意外に自分では見つけられにくいようです。

 

自分で思っているよりも他人の評価は高い場合もありますし、自分が思ってもいないコトが評価されている場合も多いように思います。

現に弊社でもメールで企画書を送ってこられる方よりも、会ってお話しした方の方が出版が決まるのは早いです。

それは、最初にお会いしたときに、そういう棚卸をしっかりやって、本を出す目的、書くネタ、切り口、ターゲットを明確にして、しっかりイメージできる状態にする作業を行っているからに他なりません。

サラッと書きましたが、ネタを決めるだけではなく、そのネタをどうすれば出版社が受け入れやすい切り口になるか、誰に向けて書けばより売れる本になるか、そして、出版することで自分がどうなりたいのかを一緒に考える作業は、業界内の人間と一緒でなくては、なかなか難しい作業なのかもしれません。

 

ただ、これをやるかどうかが、出版デビューできるかどうかを大きく左右されるのです。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

出版社の編集者と著者のコミュニケーション

出版社は、売れると思い、書籍を発刊します。 書籍を発刊するためには300万円以上の資金を投入しなければなりません。 そして、書籍の売上で、投入した資金を回収し、さらに利益を出さなければ、出版社は潰れて …

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …

書籍を出したければ、まずは企画書を書こう

「本を書きたい」と思っていらっしゃる方は多いようですが、何を書きたいのかまで固まっている方は少ないようです。 そんな時は、まず企画書を書いてみましょう。   企画書を書くことで、誰に、何を伝 …

出版デビューするための通る企画書の作り方

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。 いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。   しかし、この …