書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版デビューするための通る企画書の作り方

投稿日:2014年6月10日 更新日:

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。

いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。

 

しかし、この企画書をしっかり書かない人が多すぎます。

 

私は、某出版社の編集長も兼務しているので、多くの企画書を目を通しますが、かなり酷いです。

読みづらい、見づらいは当たり前。

目を通す気にならない、企画書の文章が日本語じゃない、何を伝えたいのか分からない、全く売れる気がしない…いや、本当に酷いです。

そこで、弊社では企画書の書き方を配布することにいたしました。

実際、これを読んで書いただけで出版された方もたくさんいらっしゃいますよ。

 

実は、年末に出版ワークショップをやらせていただいたのですが、そこの参加者の皆さんがこぞってこの弊社のマニュアルを熟読して、企画書を書いて持ってきてくれたのですが、ほとんど突っ込むところがありませんでした。

ネタの選別の問題で、すぐに書籍になりそうな企画書はありませんでしたが、皆さん、企画書はとても優秀で、本当にビックリしたのです。

 

もし、出版デビューを目指すのであれば、弊社のマニュアルは、必ずダウンロードして、熟読してから、企画書を書いてみましょう。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版は著書があったら有利なのか?

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。   しかし、その著書が、共同出版や自費出版では意味がありません。   …

出版社の編集者と著者のコミュニケーション

出版社は、売れると思い、書籍を発刊します。 書籍を発刊するためには300万円以上の資金を投入しなければなりません。 そして、書籍の売上で、投入した資金を回収し、さらに利益を出さなければ、出版社は潰れて …

出版デビューするための通る企画の考え方

出版デビューしたいと思ったら、まずは書きたいコトを本にしようと思っていませんか? ほとんどの方の書きたいコトは、書籍になりません。   それは、あくまでも自己満足なので、商業出版ではなく、自 …

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …

商業出版デビューできる人、できない人

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。 そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。 つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビュー …