書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版デビューするための通る企画書の作り方

投稿日:2014年6月10日 更新日:

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。

いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。

 

しかし、この企画書をしっかり書かない人が多すぎます。

 

私は、某出版社の編集長も兼務しているので、多くの企画書を目を通しますが、かなり酷いです。

読みづらい、見づらいは当たり前。

目を通す気にならない、企画書の文章が日本語じゃない、何を伝えたいのか分からない、全く売れる気がしない…いや、本当に酷いです。

そこで、弊社では企画書の書き方を配布することにいたしました。

実際、これを読んで書いただけで出版された方もたくさんいらっしゃいますよ。

 

実は、年末に出版ワークショップをやらせていただいたのですが、そこの参加者の皆さんがこぞってこの弊社のマニュアルを熟読して、企画書を書いて持ってきてくれたのですが、ほとんど突っ込むところがありませんでした。

ネタの選別の問題で、すぐに書籍になりそうな企画書はありませんでしたが、皆さん、企画書はとても優秀で、本当にビックリしたのです。

 

もし、出版デビューを目指すのであれば、弊社のマニュアルは、必ずダウンロードして、熟読してから、企画書を書いてみましょう。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

本気で本を出版したのなら

出版するというコトは、出版社に自分の企画に投資をしてもらうのに等しいと言っても過言ではありません。 そして、そのための企画書です。 しかし、最近、弊社に届く企画書に口語体で書かれた企画書が非常に多いで …

本を書いてみたいと思ったら

あなたが、もし、本を書いてみたいと思ったら、まず、自分の経験や実績の中から、自分にしかできないコト、自分しか知らないコトを考えてみましょう。 しかも、そのコトは概要を話しただけでは真似のできないレベル …

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …

著者名は本名か? ペンネームか?

これから本を書く人も、すでに本を書かれた人も、注意して欲しいのは、『著者名』です。 著者名は意外と重要で、出版社では著作物がある場合、その本が売れたかどうかが二冊目の企画の進行可否に大きな影響を与えま …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …