書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版を目指すのに地方は不利か?

投稿日:

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。

 

皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

 

今までも書いてきましたが、業界内の人との人脈は、出版デビューへの近道でもあります。

そして、その人脈を作るチャンスはセミナーがほとんどなのですが、開催は都内が多く、あっても大阪、福岡ぐらい。

しかも、せっかくできた人脈も地方の方だと、その後のフォローが雑な扱われ方をするという話しもよく聞きます。

 

そうなると、必然的に都内近郊が有利になりますし、実際に都内近郊の著者が多いのも事実です。

 

業界内にいる者から言わせていただければ、雑に扱う気持ちは分からなくはありません。

出版を実現させるためのプロセスから考えると、打ち合わせなどで会えるかどうかを含めて、迅速な対応を求められるからです。

 

しかし、私は、本を書くのに地域は関係ないと思っています。

 

それどころか、すでに本を書いた著者が多い都内近郊より、まだまだチャンスが恵まれてなかった地方のほうが面白い著者や企画が眠っているはずです。

実際に、今までも地方の方の出版デビューのサポートもしてきましたし、地方の著者を発掘するプロジェクトも展開しています。

これからもドンドン地方の方々に出版のチャンスを提供していこうと思います。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版するならタイミングが大切

以前、知り合いのソフトダーツの日本代表選手だった方が、本を書きたいと相談にお見えになりました。 当初、ソフトダーツの実用書でしたが、出版社の意向で「ビジネス書の切り口なら」といわれたのですが、本人が乗 …

編集者が採用したくなる出版企画書の書き方

こういう活動をしているので、数多くの企画書を見させていただいております。 その中で気になるのが、著者プロフィールや企画意図の文面です。   出版社は、「この人が、この企画を書くのに最適な人な …

出版企画書を売り込み先の選び方(出版社? 出版プロデューサー?)

企画書ができたら、次は売り込みです。 売り込む方法としては、郵送、メール、訪問など、いろいろな方法がありますが、基本的には郵送かメールが良いと思います。   ただし…   規模にも …

出版するには…

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。 つまり、最初は素人 …

出版デビューするメリット

出版は不特定多数の人に何かを伝えるには最善の手段です。 書店に並ぶ書籍には、それだけの信用力があります。   どうせなら、出版デビューして、その効果を上手に活用して、たくさんのメリットを享受 …