書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版を目指すのに地方は不利か?

投稿日:

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。

 

皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

 

今までも書いてきましたが、業界内の人との人脈は、出版デビューへの近道でもあります。

そして、その人脈を作るチャンスはセミナーがほとんどなのですが、開催は都内が多く、あっても大阪、福岡ぐらい。

しかも、せっかくできた人脈も地方の方だと、その後のフォローが雑な扱われ方をするという話しもよく聞きます。

 

そうなると、必然的に都内近郊が有利になりますし、実際に都内近郊の著者が多いのも事実です。

 

業界内にいる者から言わせていただければ、雑に扱う気持ちは分からなくはありません。

出版を実現させるためのプロセスから考えると、打ち合わせなどで会えるかどうかを含めて、迅速な対応を求められるからです。

 

しかし、私は、本を書くのに地域は関係ないと思っています。

 

それどころか、すでに本を書いた著者が多い都内近郊より、まだまだチャンスが恵まれてなかった地方のほうが面白い著者や企画が眠っているはずです。

実際に、今までも地方の方の出版デビューのサポートもしてきましたし、地方の著者を発掘するプロジェクトも展開しています。

これからもドンドン地方の方々に出版のチャンスを提供していこうと思います。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …

出版デビューするための通る企画書の作り方

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。 いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。   しかし、この …

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …

出版は著書があったら有利なのか?

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。   しかし、その著書が、共同出版や自費出版では意味がありません。   …

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …