書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

商業出版デビューできる人、できない人

投稿日:

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。

そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。

つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビューできるということになります。

 

しかし、それでも出版デビューができない人がいます。

それは、なぜか?

 

実は、出版デビューを目指す上で、とても大切なコトがあります。

それは、次の2つのコトです。

  • 著者になりたいという意志
  • 著書を売ってやるという覚悟

 

 

そう、出版デビューするための問題ではなく、出版デビューするための準備に着手する時点でのメンタルの問題です。

上記の2つのコトを持っていれば、それだけで出版への可能性は格段に高くなります。

実際に、「何でもいいので本と出したい」と相談してきた方も出版デビューを果たしましたし、人脈を辿って紹介の紹介の紹介ぐらいで弊社に訪れた方も出版デビューを果たしております。

 

どちらも貪欲な姿勢から、上記の2つのコトを持っていることは、ご理解いただけるでしょう。

 

出版デビューするのはとても魅力的なコトかもしれませんが、本が書店に並ぶまでの目に見えない工程で、かなりの労力を要します。

本も書店に並べば勝手に売れるわけではありませんし、その本が売れなければ発刊した出版社に迷惑もかかります。

だからこそ、上記の2つのコトが重要なのです。

 

逆に言えば、上記の2つのコトをしっかりとお持ちでしたら、あとは先日の日記に書いた3つのコトを用意できればいいのです。

きっと、かなりの確率で出版デビューできると思います。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …

本が売れるためには、出版社選びも重要

あなたが企画を売り込む場合、その企画を持ち込む出版社を選ばなくてはなりません。 数多くある出版社から、どう選べば良いのかを紹介します。   まず、あなたの企画のジャンルが、その出版社から出て …

出版は著書があったら有利なのか?

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。   しかし、その著書が、共同出版や自費出版では意味がありません。   …

出版社に企画を売り込んでくる人が意外に守られていないメールマナー

多くの方々とメールのやりとりをしていると、意外にメールマナーが守られていないことに気づきます。 このメールマナーが、業界内の常識なのか、一般的な常識なのかの判断は、私にはできないので、書いておきます。 …

出版デビューするための通る企画書の作り方

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。 いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。   しかし、この …