書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

商業出版デビューできる人、できない人

投稿日:

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。

そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。

つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビューできるということになります。

 

しかし、それでも出版デビューができない人がいます。

それは、なぜか?

 

実は、出版デビューを目指す上で、とても大切なコトがあります。

それは、次の2つのコトです。

  • 著者になりたいという意志
  • 著書を売ってやるという覚悟

 

 

そう、出版デビューするための問題ではなく、出版デビューするための準備に着手する時点でのメンタルの問題です。

上記の2つのコトを持っていれば、それだけで出版への可能性は格段に高くなります。

実際に、「何でもいいので本と出したい」と相談してきた方も出版デビューを果たしましたし、人脈を辿って紹介の紹介の紹介ぐらいで弊社に訪れた方も出版デビューを果たしております。

 

どちらも貪欲な姿勢から、上記の2つのコトを持っていることは、ご理解いただけるでしょう。

 

出版デビューするのはとても魅力的なコトかもしれませんが、本が書店に並ぶまでの目に見えない工程で、かなりの労力を要します。

本も書店に並べば勝手に売れるわけではありませんし、その本が売れなければ発刊した出版社に迷惑もかかります。

だからこそ、上記の2つのコトが重要なのです。

 

逆に言えば、上記の2つのコトをしっかりとお持ちでしたら、あとは先日の日記に書いた3つのコトを用意できればいいのです。

きっと、かなりの確率で出版デビューできると思います。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版社の編集者と著者のコミュニケーション

出版社は、売れると思い、書籍を発刊します。 書籍を発刊するためには300万円以上の資金を投入しなければなりません。 そして、書籍の売上で、投入した資金を回収し、さらに利益を出さなければ、出版社は潰れて …

出版した本で著者ブランディングするには

最近、出版社の担当者と打ち合わせをする場合、ブランディング目的が全面に出ると、足元を見られる傾向があるようです。   本来、書きたいことで書籍を発刊するためには、一般的に自費出版や共同出版と …

出版するならタイミングが大切

以前、知り合いのソフトダーツの日本代表選手だった方が、本を書きたいと相談にお見えになりました。 当初、ソフトダーツの実用書でしたが、出版社の意向で「ビジネス書の切り口なら」といわれたのですが、本人が乗 …

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …

出版社に企画を売り込んでくる人が意外に守られていないメールマナー

多くの方々とメールのやりとりをしていると、意外にメールマナーが守られていないことに気づきます。 このメールマナーが、業界内の常識なのか、一般的な常識なのかの判断は、私にはできないので、書いておきます。 …