書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

著書を売ってやるという覚悟

投稿日:

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。

もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を被ることになります。

著者にとっては、この時点で本は出ているのですから、ラッキーなのかもしれませんが、出版社にしたらたまったものではありません。

せめて、自分の著書は絶対に売ってやるという覚悟を持って、最低限の道義的責任は果たすようにしましょう。

 

全ての出版社が同じというわけではありませんが、出版社が売れ行きを見るポイントが3つあります。

  1. 発刊一ヶ月での売れ行き→合格ラインは30%
  2. 発刊半年での売れ行き→合格ラインは50%
  3. 発刊一年での売れ行き→合格ラインは65%

 

このポイントは、増刷を判断するポイントとは違います。

増刷は在庫の冊数と注文の冊数のバランスで判断し、注文数の推移で増刷部数が決まるのです。

 

さらに、本の売れ行きは他の出版社でもチェックはできますので、ここで合格ラインを達成していない著者は、2冊目を出すのは厳しくなります。

では、逆に2冊目を出しやすくするには、最初の著書をどれぐらい売れればいいのかを書きます(あくまでも目安です)。

  • 合格ラインをクリア→どこの出版社でも最初の著書と同じぐらいの難易度
  • 増刷(2刷)→同じ出版社であれば、話しは聞いてもらえます
  • 増刷(3刷以上)→比較的、著者の希望する本を出させてもらえます
  • 3万部以上→どこの出版社でも、話しを聞いてもらえます
  • 5万部以上→他の出版社から原稿執筆の依頼がきます
  • 10万部以上→出版以外のメディアからのオファーがあります

 

 

もちろん、ジャンルや出版社の規模によって前後しますが、売れ行きによって、次のステージの見え方が変わってくることは間違いありません。

 

つまり、著書を絶対に売るってやるという覚悟を持つということは、出版社への同義的な責任を果たすだけではなく、その後の自分の活動にも大きな影響を持つということなのです。

ただ、本はいかに内容が良かったとしても、書店に並ぶだけでは売れません。

そして、旧態依然とした出版社の営業力も過度な期待はしない方が良いでしょう。

 

勝間和代さんは、、「私は本については、書く努力の5倍、売る努力をするということを決めています」とおっしゃっています。

あくまでも、自分のために、自分で売ることを考えましょう。

せっかく出す著書なのですから、関わった全員が幸せになり、そして、次につながるようにしましょう!

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

商業出版デビューできる人、できない人

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。 そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。 つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビュー …

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …

本気で本を出版したのなら

出版するというコトは、出版社に自分の企画に投資をしてもらうのに等しいと言っても過言ではありません。 そして、そのための企画書です。 しかし、最近、弊社に届く企画書に口語体で書かれた企画書が非常に多いで …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …