書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版デビューするメリット

投稿日:

出版は不特定多数の人に何かを伝えるには最善の手段です。

書店に並ぶ書籍には、それだけの信用力があります。

 

どうせなら、出版デビューして、その効果を上手に活用して、たくさんのメリットを享受しましょう。

 

例えば…

  • 会社信用度がアップし、勝手にお客さんが集まってきます。
  • 名刺代わりに本を出すことで、優位に商談を進めることができます。
  • マスコミが注目し、雑誌やラジオ、テレビなどの取材が来ます。
  • 弟子や社員希望者が全国から殺到します。
  • その日から、著者であるあなたは「先生」と呼ばれますし、「第一人者」になれます。
  • 出版することで、同業他者に圧倒的な差が付けられます。
  • 同窓会にも参加しやすくなりますし、親戚、知人から一目置かれます。
  • スナック、キャバクラで、モテます。(笑

そして何より、

  • 最大の親孝行ができます。

 

 

商業出版であれば、印税を受け取った上で、これらの効果を手に入れることができるのです。

これらの効果は、お金を出して出版する自費出版や共同出版では得られません。

 

印税は、定価×部数×印税率で計算されます。

通常、ビジネス書であれば、1500円×6000部×6%が一般的なので、54万円になります。

つまり、54万円を受け取って、上記のメリットを享受できるのです。

 

では、上記のメリットにあなたはいくらまで投資できますか?

 

その投資金額が54万円以下なのであれば、印税で回収は可能です。

しかも、広告に出稿したりして、普通にお金を出してもなかなか得られることのないメリットを無料で享受できるのです。

 

最初から最後まで、一切の持ち出しを無しに出版デビューする方法もありますが、かなりの時間と労力がかかります。

しかも、それでも出版デビューできるかどうかは微妙です。

それならば、最初にいくらから投資して、サクッと出版デビューしてから印税で回収する方が、早いし確実だったりします。

 

なかなか投資の発想を持つのは難しいかもしれませんが、出版デビューで得られる上記のメリットを再確認して、最短コースでの出版デビューを目指しましょう。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

本気で本を出版したのなら

出版するというコトは、出版社に自分の企画に投資をしてもらうのに等しいと言っても過言ではありません。 そして、そのための企画書です。 しかし、最近、弊社に届く企画書に口語体で書かれた企画書が非常に多いで …

出版企画書を売り込み先の選び方(出版社? 出版プロデューサー?)

企画書ができたら、次は売り込みです。 売り込む方法としては、郵送、メール、訪問など、いろいろな方法がありますが、基本的には郵送かメールが良いと思います。   ただし…   規模にも …

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

出版するならタイミングが大切

以前、知り合いのソフトダーツの日本代表選手だった方が、本を書きたいと相談にお見えになりました。 当初、ソフトダーツの実用書でしたが、出版社の意向で「ビジネス書の切り口なら」といわれたのですが、本人が乗 …

出版デビューするための通る企画書の作り方

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。 いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。   しかし、この …