書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

本気で本を出版したのなら

投稿日:2014年7月3日 更新日:

出版するというコトは、出版社に自分の企画に投資をしてもらうのに等しいと言っても過言ではありません。

そして、そのための企画書です。

しかし、最近、弊社に届く企画書に口語体で書かれた企画書が非常に多いです。

 

企画書は、あくまでも出版社の方々(編集会議に出席する顔も知らない面々)に投資をする気にさせるツールと考えてみると分かりやすいと思います。

逆に言えば、企画書を読んで投資する気にならなければ、それは企画書として成立していないのと同じです。

 

口語体の企画書を読んで、誰が投資する気になるのでしょうか?

 

第三者が赤の他人が書いた口語体の企画書を渡されて、真剣に検討する気にはなれないと思いますし、少なくとも私はなれません。

私に向けた企画書であれば、百歩譲って許したとしても、到底、出版社にお見せできるわけがありません。

当然ですよね。

そんな企画書を持っていくことは、弊社の信用問題にもなりかねませんから。

 

これは、企画書の書き方などのテクニック的な話し以前の大前提となる著者になりたい人の姿勢の問題です。

企画書を書くとき、そして、企画書を読み返すときには、「自分のことを全く知らない赤の他人が、この企画書を読んで、300万円以上の投資をするか検討するんだ」ということを必ずイメージしてください。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版した本で著者ブランディングするには

最近、出版社の担当者と打ち合わせをする場合、ブランディング目的が全面に出ると、足元を見られる傾向があるようです。   本来、書きたいことで書籍を発刊するためには、一般的に自費出版や共同出版と …

著者になりたいという意志

出版デビューするためには、著者になりたいという意志が必要です。 一見、当たり前のようですが、著者になるということは、本当に大変なことなのです。 その大変さを理解し、強い意志をもって取り組まなくては、大 …

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

本が売れるためには、出版社選びも重要

あなたが企画を売り込む場合、その企画を持ち込む出版社を選ばなくてはなりません。 数多くある出版社から、どう選べば良いのかを紹介します。   まず、あなたの企画のジャンルが、その出版社から出て …

出版デビューするための通る企画書の作り方

出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。 いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。   しかし、この …