書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

ブログで人気が出て、書籍化されるには

投稿日:

すでに数々の人気ブログが存在し、書籍化するケースも少なくありません。

しかし、その書籍化した本で、売れた本は意外に少ないのです。

そのため、現状では、出版社もブログの書籍化については後ろ向きな傾向にあります。

 

もし、ブログを書籍化されたいのであれば、ココログなどにある書籍化のサービスを申し込んでみてはいかがでしょうか?

ただし、ほとんど自費出版に近い形態になっておりますので、それなりにコストが発生しますが…。

 

よくよく考えれば分かるのですが、お金を出して買った書籍がネットで公開されていては、お金を出す必要性はなくなりますよね。

もし、本気でブログの書籍化を目指すのであれば、そのあたりを計算してブログを展開してみてはいかがでしょうか?

つまり、ブログを読んで「もっと詳しく知りたい」と思わせることが重要で、その内容を書籍に書くのです。

つまり、書きたい事自体はブログに書かず、ブログを販促という位置づけにするといいことです。

 

もちろん、それなりのアクセス数やランキングは必要になりますが、それなら書籍化の可能性も高くなるように思います。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

著者が本を販促するなら…

これからは、著者が本を売る時代になってきました。 ただ、著者が本を売るということは、出版社の役割が軽くなるということでもあります。 だったら、企画を通す敷居を少し下げてもらわなくては、不公平でしょう。 …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …

著者になりたいという意志

出版デビューするためには、著者になりたいという意志が必要です。 一見、当たり前のようですが、著者になるということは、本当に大変なことなのです。 その大変さを理解し、強い意志をもって取り組まなくては、大 …

出版企画書を売り込み先の選び方(出版社? 出版プロデューサー?)

企画書ができたら、次は売り込みです。 売り込む方法としては、郵送、メール、訪問など、いろいろな方法がありますが、基本的には郵送かメールが良いと思います。   ただし…   規模にも …

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …