書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

書籍を出したければ、まずは企画書を書こう

投稿日:

「本を書きたい」と思っていらっしゃる方は多いようですが、何を書きたいのかまで固まっている方は少ないようです。

そんな時は、まず企画書を書いてみましょう。

 

企画書を書くことで、誰に、何を伝えたいのかなど、頭の中が整理されます。

 

出版社へ売り込みをする場合、企画書は必要不可欠なものですので、事前に企画書を書きながら頭の中を整理したとしても、その企画書は無駄にはなりません。

企画書の書き方については、「出版企画書の書き方」で、検索してみましょう。

 

企画書の形にまでまとめていただけると、こちらとしても改善点を指摘しやすくなり、より早く企画をブラッシュアップすることもできます。

当然、出版への道ぐっと近づくコトでしょう。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版企画書を売り込み先の選び方(出版社? 出版プロデューサー?)

企画書ができたら、次は売り込みです。 売り込む方法としては、郵送、メール、訪問など、いろいろな方法がありますが、基本的には郵送かメールが良いと思います。   ただし…   規模にも …

本が売れるためには、出版社選びも重要

あなたが企画を売り込む場合、その企画を持ち込む出版社を選ばなくてはなりません。 数多くある出版社から、どう選べば良いのかを紹介します。   まず、あなたの企画のジャンルが、その出版社から出て …

出版は著書があったら有利なのか?

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。   しかし、その著書が、共同出版や自費出版では意味がありません。   …

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …