書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

書籍を出したければ、まずは企画書を書こう

投稿日:

「本を書きたい」と思っていらっしゃる方は多いようですが、何を書きたいのかまで固まっている方は少ないようです。

そんな時は、まず企画書を書いてみましょう。

 

企画書を書くことで、誰に、何を伝えたいのかなど、頭の中が整理されます。

 

出版社へ売り込みをする場合、企画書は必要不可欠なものですので、事前に企画書を書きながら頭の中を整理したとしても、その企画書は無駄にはなりません。

企画書の書き方については、「出版企画書の書き方」で、検索してみましょう。

 

企画書の形にまでまとめていただけると、こちらとしても改善点を指摘しやすくなり、より早く企画をブラッシュアップすることもできます。

当然、出版への道ぐっと近づくコトでしょう。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

誰でも出版できる考え方

最近、本が売れません。 それでも出版社は、本を出し続けます。 出版社は、株式会社ですから、当然、営利団体なわけです。 つまり、書籍という商品で、いかに利益をあげられるかに注力します。   こ …

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …

出版するならタイミングが大切

以前、知り合いのソフトダーツの日本代表選手だった方が、本を書きたいと相談にお見えになりました。 当初、ソフトダーツの実用書でしたが、出版社の意向で「ビジネス書の切り口なら」といわれたのですが、本人が乗 …

編集者が採用したくなる出版企画書の書き方

こういう活動をしているので、数多くの企画書を見させていただいております。 その中で気になるのが、著者プロフィールや企画意図の文面です。   出版社は、「この人が、この企画を書くのに最適な人な …

ブログで人気が出て、書籍化されるには

すでに数々の人気ブログが存在し、書籍化するケースも少なくありません。 しかし、その書籍化した本で、売れた本は意外に少ないのです。 そのため、現状では、出版社もブログの書籍化については後ろ向きな傾向にあ …