書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

書籍を出したければ、まずは企画書を書こう

投稿日:

「本を書きたい」と思っていらっしゃる方は多いようですが、何を書きたいのかまで固まっている方は少ないようです。

そんな時は、まず企画書を書いてみましょう。

 

企画書を書くことで、誰に、何を伝えたいのかなど、頭の中が整理されます。

 

出版社へ売り込みをする場合、企画書は必要不可欠なものですので、事前に企画書を書きながら頭の中を整理したとしても、その企画書は無駄にはなりません。

企画書の書き方については、「出版企画書の書き方」で、検索してみましょう。

 

企画書の形にまでまとめていただけると、こちらとしても改善点を指摘しやすくなり、より早く企画をブラッシュアップすることもできます。

当然、出版への道ぐっと近づくコトでしょう。

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

著書を売ってやるという覚悟

出版社であなたの企画書が通ったということは、その本にかかる一切のコストを出版社が投資をしてくれるということと同意です。 もし、その本が売れなかったとしたら、あなたの企画を通してくれた出版社がその損失を …

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …

本が売れるためには、出版社選びも重要

あなたが企画を売り込む場合、その企画を持ち込む出版社を選ばなくてはなりません。 数多くある出版社から、どう選べば良いのかを紹介します。   まず、あなたの企画のジャンルが、その出版社から出て …

出版企画書を売り込み先の選び方(出版社? 出版プロデューサー?)

企画書ができたら、次は売り込みです。 売り込む方法としては、郵送、メール、訪問など、いろいろな方法がありますが、基本的には郵送かメールが良いと思います。   ただし…   規模にも …

商業出版デビューできる人、できない人

基本的には、どんな人でも人生で一冊は本を書けると思っています。 そして、出版デビューをしたいのであれば、重要なコトが3つあると先日の日記にも書きました。 つまり、誰でも重要な3つが揃えば、出版デビュー …