書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

編集者の出版企画書のとらえ方

投稿日:

出版をする場合、企画書を書き、それを持って出版社や編集プロダクションに売り込みをします。

ただ、その場合に持って行く企画書のとらえ方が、書いた人間と読む人間とでとらえ方が違うように思います。

 

企画書を書く場合、ほとんどの方が、「こんな形態で本を出したいなぁ~」と漠然とイメージしながら書くことでしょう。

それは、著者の希望なのだと思います。

 

しかし、企画書を読む場合、「この著者は、このような形態でしか本を作りたくないんだぁ~」と思いながら読みます。

つまり、著者の条件だと思うのです。

 

このとらえ方の違いがどういうことになるかというと、企画書を書いた人間はあくまでも希望なので、譲歩するつもりであっても、読む人間は条件だと思って読むので、その企画書で進行可否を判断することになるのです。

 

具体的に言うと、企画書に「ハードカバーの本」と書いてあったとします。

企画書を書いた人間は、あくまでも「ハードカバーの本」が希望であり、そうでなくても構わないと思っていることと思います。

しかし、出版社は「ハードカバーじゃなきゃ嫌なんだぁ~」と思い、「ハードカバーじゃなきゃ本になるかもしれないけど、ハードカバーじゃ原価も上がるし、無理だな」と判断します。

結果、そのすれ違いで、本になるチャンスを逃すことになるのです。

 

これはカバーの話しに限らず、色(オールカラー)やページ数、判型などにも同じことが言えます。

もちろん、内容についても同じコトが言えるでしょう。

 

では、どうすれば良いかと言うと、このあたりのコトは書かないというのは手ですし、書いても「希望」と書き加えても良いでしょう。

いずれにしても、これが条件ではないコトが分かるようにし、譲歩する余地があるコトが伝わるようにした方が良いと思います。

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

出版企画書の体裁(長さと厚さ)

出版を目指すのであれば、出版企画書は避けて通れません。 その出版企画書ですが、教える人によって大きく異なります。 企画の全てを盛り込み、サンプル原稿まで添えたぶ厚い企画書を推奨する方、そして、パッと見 …

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。 たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。   しか …

本の企画の考え方

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。 その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。   書籍は出版社の商品です。 &nbs …

出版企画書の書き方/類書

企画を立てる場合、類書の有無を気にされることと思います。 私に届く企画書でも、「類書が無いので、この本は売れる」というような文言を多く見受けられます。   しかし、我々、出版業界の人間は、常 …

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …