書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

出版企画書の書き方/書名

投稿日:2014年9月12日 更新日:

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります。

企画書でまず最初に書かなくてはならないのは『書名』です。

 

書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名になることはほとんどありませんが、出版社や編集プロダクションの各担当者に「面白そう」と印象づけなくてはなりません。

そこで、書名を考える上でのポイントを紹介します。

 

  • 本の内容が一目で分かる
  • その本を読むことで到達できる魅力的な到達点
  • 根拠となる数字や魅力的な数字
  • 書名を見た時に「えっ?」「本当?」と思える引っかかり

 

これらのポイントが盛り込まれていれば、きっと面白そうな本に見えることでしょう。

書名案は、あくまでも案なので、一冊につき一つである必要はありません。

 

企画書には、複数の書名案を書いておくと良いでしょう。

 

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。 たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。   しか …

本の企画の考え方

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。 その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。   書籍は出版社の商品です。 &nbs …

出版企画書の体裁(長さと厚さ)

出版を目指すのであれば、出版企画書は避けて通れません。 その出版企画書ですが、教える人によって大きく異なります。 企画の全てを盛り込み、サンプル原稿まで添えたぶ厚い企画書を推奨する方、そして、パッと見 …

本に載せる肩書きや著者のプロフィール

はじめて本を書こうとする場合、企画を通すのに、著者であるあなたの肩書きは重要です。 無名の著者では、読者はその内容を信用できません。 しかし、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント …

出版企画書でもっとも重要なポイントは…

今まで、たくさんの企画書に目を通しましたが、企画書で大切なことは、その企画書を読んでどういう本が出来上がるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな人が、どんな切り口で、どんな構成で …