書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

出版企画書の書き方/書名

投稿日:2014年9月12日 更新日:

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります。

企画書でまず最初に書かなくてはならないのは『書名』です。

 

書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名になることはほとんどありませんが、出版社や編集プロダクションの各担当者に「面白そう」と印象づけなくてはなりません。

そこで、書名を考える上でのポイントを紹介します。

 

  • 本の内容が一目で分かる
  • その本を読むことで到達できる魅力的な到達点
  • 根拠となる数字や魅力的な数字
  • 書名を見た時に「えっ?」「本当?」と思える引っかかり

 

これらのポイントが盛り込まれていれば、きっと面白そうな本に見えることでしょう。

書名案は、あくまでも案なので、一冊につき一つである必要はありません。

 

企画書には、複数の書名案を書いておくと良いでしょう。

 

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

編集者の出版企画書のとらえ方

出版をする場合、企画書を書き、それを持って出版社や編集プロダクションに売り込みをします。 ただ、その場合に持って行く企画書のとらえ方が、書いた人間と読む人間とでとらえ方が違うように思います。 &nbs …

出版企画書の書き方/企画概要

企画書を書くというと、一般には5W1Hをイメージされる方が多いと思います。 しかし、出版の企画書には5W1Hはほとんど必要ありません。   いつ(When)→出版時期は出版社が決めるか原稿の …

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。 たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。   しか …

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …

本に載せる肩書きや著者のプロフィール

はじめて本を書こうとする場合、企画を通すのに、著者であるあなたの肩書きは重要です。 無名の著者では、読者はその内容を信用できません。 しかし、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント …