書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

出版企画書の書き方/構成案

投稿日:2014年9月25日 更新日:

書籍の企画書で一番重要なのは、構成案です。

構成案というのは、簡単に言うと目次のことです。

 

つまり、書籍の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかという書きたい書籍の設計図です。

 

実際に本を買うときに、目次を見て買うかどうかを決める人も少なくないでしょう。

その読者の気持ちになって作ることが重要なのです。

 

中でも一番重要なのは、1章です。

1章は、その書籍の一番最初になりますので、読者をどれだけ引き込めるかという掴み(導入)の位置づけになります。

ここがしっかり作れないと、話しは先に進めなくなってしまいますので、企画を通すことは難しくなるでしょう。

 

そして、2章から最終章については、章タイトルだけでその書籍の流れやどういう段階を経るのかが分かる必要があります。

もちろん、必ずしも流れである必要はありません。

先に書いたように、構成案はその書籍の設計図なので、1章の導入は別にして、2章以降が並列になっていても構いません。

いずれにしても、その構成を見て、本書の目的に到達できるようになっていることが重要です。

 

章構成ができたら、次は各章ごとの節構成となります。

 

節構成も基本的には同じ考え方です。

その章タイトルの内容を読者に理解させるための章の設計図です。

その章の1節目に導入があり、その章タイトルにあることを理解させるための構成にする必要があります。

 

こうして考えると、構成案を考えると言うことは、一冊の書籍の中身をイメージする必要があるため、一冊の本を書くのと同じと言っても過言ではありません。

でも、ここをしっかり作っておくと、実際に本を書く上では、かなり楽になることも事実です。

大変な作業ではありますが、キッチリやっておきましょう。

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

編集者の出版企画書のとらえ方

出版をする場合、企画書を書き、それを持って出版社や編集プロダクションに売り込みをします。 ただ、その場合に持って行く企画書のとらえ方が、書いた人間と読む人間とでとらえ方が違うように思います。 &nbs …

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。 たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。   しか …

出版企画書の体裁(長さと厚さ)

出版を目指すのであれば、出版企画書は避けて通れません。 その出版企画書ですが、教える人によって大きく異なります。 企画の全てを盛り込み、サンプル原稿まで添えたぶ厚い企画書を推奨する方、そして、パッと見 …

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …

出版企画書の書き方/書名

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります。 企画書でまず最初に書かなくてはならないのは『書名』です。   書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に …