書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

本の企画の考え方

投稿日:

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。

その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。

 

書籍は出版社の商品です。

 

出版社は企業である以上、営利団体なので、売れる商品しか作りたくありません。

当然ですね。

 

もし、自分の「書きたいこと」が売れる内容であれば、問題ありませんが、ほとんどの場合がそうではありません。

 

では、どう考えれば良いかというと、答えは簡単です。

自分が書けることで「売れそうなこと」を考えれば、良いのです。

 

読者は、お金を出して本を買います。

お金を出す以上、その金額に見合った情報が盛り込まれていなければ、本は売れません。

そのことを念頭に企画を考えてみましょう。

そして、本を出す以上、そのことは読まなくては、理解できないことであった方が良いでしょう。

 

そうすることで、本にする意義が出てきます。

 

一言で済むような内容をわざわざ一冊になるようにまわりくどく説明するような本や目次を見ただけで言いたいことが分かってしまうような本は、売れませんし、紙の無駄です。

また、立ち読みで理解できる内容では、手に取ってはもらえても、立ち読みで済まして買ってはもらえません。

 

企画を考える場合には、必ず、読者の視点で考えるようにしてください。

 

売れそうなことで、本の定価以上のお得感のある内容で、本にしなければ伝わらないことであれば、企画は通ります(通らない場合は、企画を提案する手法の問題だと思います)。

そして、その本は、きっと売れるでしょう。

 

もし、それでは書く意味がないとか、書きたいことで本にしたいと思うのであれば、自費出版をオススメします。

お金を払えば、たいていの内容は本にすることができますからね。

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。 たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。   しか …

出版企画書の書き方/類書

企画を立てる場合、類書の有無を気にされることと思います。 私に届く企画書でも、「類書が無いので、この本は売れる」というような文言を多く見受けられます。   しかし、我々、出版業界の人間は、常 …

出版企画書の書き方/書名

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります。 企画書でまず最初に書かなくてはならないのは『書名』です。   書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に …

本に載せる肩書きや著者のプロフィール

はじめて本を書こうとする場合、企画を通すのに、著者であるあなたの肩書きは重要です。 無名の著者では、読者はその内容を信用できません。 しかし、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント …

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …