書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

出版企画書の書き方/類書

投稿日:2014年3月25日 更新日:

企画を立てる場合、類書の有無を気にされることと思います。

私に届く企画書でも、「類書が無いので、この本は売れる」というような文言を多く見受けられます。

 

しかし、我々、出版業界の人間は、常に企画を考えています。

それなのに類書が無いということは、どういうことなのか考えてみてください。

一つは、出版業界の人間には考え付かない企画。

そして、もう一つは、出しても売れそうにない企画。

だいたい、この二つが理由です。

しかも、ほとんどの場合が、二つ目の理由であることが多いのです。

つまり、素人考えの「類書が無いので、この本は売れる」というロジックは、通用しません。

 

先にも書きましたが、我々、出版業界の人間は、常に企画を考えています。

ということは、よほどの切り口で無い限り、思いつく切り口であり、それが書店で販売されていないということは、二つ目の企画に該当したということなのです。

もちろん、一つ目に該当する場合もありますので、全てが全てではありません。

 

そして、その場合は、比較的スムーズに企画は採用されることでしょう。

 

企画を考える場合は、是非、「類書が無い理由」を考えてみてください。

ちなみに、出版業界では、「類書が無い企画」よりも「類書が一冊しかなくて、その本が売れている企画」の方が企画は採用されやすい傾向があります。

つまり、リスクを負って新たな市場を開拓するよりも、売れている類書をより売れる形に改善して二匹目のドジョウを狙う方が、ある程度の市場規模や売れ行きもイメージできますし、リスクが少ないと判断されるのです。

 

無理に独自性の高い「類書が無い企画」を考えるよりも、書店で売れている書籍を探して、その書籍をより売れる形に改善した企画を考えた方が、出版への近道かもしれません。

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。 たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。   しか …

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …

出版企画書の書き方/構成案

書籍の企画書で一番重要なのは、構成案です。 構成案というのは、簡単に言うと目次のことです。   つまり、書籍の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかと …

出版企画書の書き方/書名

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります。 企画書でまず最初に書かなくてはならないのは『書名』です。   書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に …

本の企画の考え方

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。 その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。   書籍は出版社の商品です。 &nbs …