書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版するには…

投稿日:2014年7月30日 更新日:

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。

どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。

つまり、最初は素人ということです。

 

出版社は、何時でも「本にしたら売れそう」なネタを探しています。

問題は、その探している出版社のアンテナに引っかかるかどうかです。

 

では、出版社がどのようにネタを探しているのでしょう。

 

そのひとつが、メルマガであったり、ブログ、ホームページです。

他にも口コミの場合もありますし、テレビに取り上げられた方の場合もあります。

(現状では、ブログから出版への道は難しいですが…)

 

いずれも、「本にしたら売れそう」ということは大前提ですが、いかに露出しているかがポイントです。

もし、出版を目指しているのであれば、そのことを考慮して、まずは自分を露出して、目立つことを考えてみてはいかがでしょうか?

極論でいえば、文章なんて書けなくても本は出せたりします。

「本にしたら売れそう」と思えれば、編集者がどんな文章でも修正してくれますし、ゴーストライターを立ててくれることもあるからです。

 

そういった意味でも重要なのは、「本にしたら売れそう」ということであり、いかに出版社の目にとまってもらえるかが勝負なのです。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版社に企画を売り込んでくる人が意外に守られていないメールマナー

多くの方々とメールのやりとりをしていると、意外にメールマナーが守られていないことに気づきます。 このメールマナーが、業界内の常識なのか、一般的な常識なのかの判断は、私にはできないので、書いておきます。 …

出版デビューするための通る企画の考え方

出版デビューしたいと思ったら、まずは書きたいコトを本にしようと思っていませんか? ほとんどの方の書きたいコトは、書籍になりません。   それは、あくまでも自己満足なので、商業出版ではなく、自 …

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …

ブログで人気が出て、書籍化されるには

すでに数々の人気ブログが存在し、書籍化するケースも少なくありません。 しかし、その書籍化した本で、売れた本は意外に少ないのです。 そのため、現状では、出版社もブログの書籍化については後ろ向きな傾向にあ …

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …