書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

書籍を出したい

出版するには…

投稿日:2014年7月30日 更新日:

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。

どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。

つまり、最初は素人ということです。

 

出版社は、何時でも「本にしたら売れそう」なネタを探しています。

問題は、その探している出版社のアンテナに引っかかるかどうかです。

 

では、出版社がどのようにネタを探しているのでしょう。

 

そのひとつが、メルマガであったり、ブログ、ホームページです。

他にも口コミの場合もありますし、テレビに取り上げられた方の場合もあります。

(現状では、ブログから出版への道は難しいですが…)

 

いずれも、「本にしたら売れそう」ということは大前提ですが、いかに露出しているかがポイントです。

もし、出版を目指しているのであれば、そのことを考慮して、まずは自分を露出して、目立つことを考えてみてはいかがでしょうか?

極論でいえば、文章なんて書けなくても本は出せたりします。

「本にしたら売れそう」と思えれば、編集者がどんな文章でも修正してくれますし、ゴーストライターを立ててくれることもあるからです。

 

そういった意味でも重要なのは、「本にしたら売れそう」ということであり、いかに出版社の目にとまってもらえるかが勝負なのです。

 

Ad

Ad

-書籍を出したい

執筆者:

関連記事

出版を目指すのに地方は不利か?

出版デビューするチャンスは、都内近郊には溢れておりますが、地方には少ないように思います。   皆さんも、そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?   今までも書いてきま …

ライターの限界に出版のチャンスが潜んでいます

世の中には『ライター』という職種があります。 ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。   ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集 …

出版するならタイミングが大切

以前、知り合いのソフトダーツの日本代表選手だった方が、本を書きたいと相談にお見えになりました。 当初、ソフトダーツの実用書でしたが、出版社の意向で「ビジネス書の切り口なら」といわれたのですが、本人が乗 …

出版社が企画を通す判断基準

もし、ブランディングが目的で書籍を発刊したいのであれば、条件面の敷居をこちらから提示する形で下げてみましょう。   現在、はじめての著者の場合、初版部数は6000部ぐらいが一般的です。 そし …

著者名は本名か? ペンネームか?

これから本を書く人も、すでに本を書かれた人も、注意して欲しいのは、『著者名』です。 著者名は意外と重要で、出版社では著作物がある場合、その本が売れたかどうかが二冊目の企画の進行可否に大きな影響を与えま …