書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

出版企画書でもっとも重要なポイントは…

投稿日:2014年3月31日 更新日:

今まで、たくさんの企画書に目を通しましたが、企画書で大切なことは、その企画書を読んでどういう本が出来上がるのかがイメージできることだと思います。

そのためには、どんな人が、どんな切り口で、どんな構成で書かれるのかが、出版社の方に伝わるかが重要で、そのために企画書としてまとめるだけの話しです。

類書をだすのもその一環です。

企画書だけで伝えきれないのであれば、サンプル原稿や誌面のデザインイメージを添えても良いでしょう。

 

難しく考えることなんかないのです。

 

出来上がりがイメージできて、そのイメージされた本が売れそうであれば、企画は通ります。

最近、この基本的な思考が欠如されている方が多いように思います。

私が日記に書いてきたコトは、この基本的な思考を踏まえた上で、より通りやすい企画書を書くためのテクニックに過ぎません。

もしかしたら、企画書というより、提案書として認識されたほうが分かりやすいかもしれません。

 

是非、企画書の意義を再確認しましょう。

この基本的な思考が大前提として認識していなければ、どんなに苦労して企画書を作っても、企画は通ることは無いと思ってください。

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

no image

出版企画書の書き方/企画概要

企画書を書くというと、一般には5W1Hをイメージされる方が多いと思います。 しかし、出版の企画書には5W1Hはほとんど必要ありません。   いつ(When)→出版時期は出版社が決めるか原稿の …

no image

出版企画書の書き方/構成案

書籍の企画書で一番重要なのは、構成案です。 構成案というのは、簡単に言うと目次のことです。   つまり、書籍の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかと …

no image

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …

no image

本に載せる肩書きや著者のプロフィール

はじめて本を書こうとする場合、企画を通すのに、著者であるあなたの肩書きは重要です。 無名の著者では、読者はその内容を信用できません。 しかし、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント …

no image

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。 たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。   しか …