書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

出版企画書に著者の写真を添付して損することはあっても得することは少ない

投稿日:

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。

たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。

 

しかし、私は、出版業界で10年以上も活動してきましたが、ただの一度も写真を要求されたことはありません。

逆に、写真の貼ってある企画書を持って行って、苦笑されることは多いですが、それが決め手になったことは皆無です。

 

で、先日、思い切って、出版社の方に聞いてみました。

「最近、企画書に写真を貼ってくる人って多いですが、あれって企画を検討されるときに何か影響するんですか?」

回答としては、「全く影響しません」とのこと。

 

ただ、話しをしていて分かったのは、男性と女性で写真の持つ意味が違うということでした。

男性の場合、「この人が書くんだぁ~」レベル。

つまり、写真の効果は全くありません。

逆に、写真があまりにも変な場合、どんなに企画が良かったとしても、それで落とすことはあるそうです。

写真を貼るんなら、ちゃんとカメラマンさんに撮ってもらうべきだと思います。

少なくとも、スナップ写真は厳禁とのことでした。

(確かに、会ったことも無い人のスナップ写真を見させられて、一緒に仕事したいと思わせられるのかは微妙ですよね)

 

で、女性の場合、重要なのは、やはり“容姿”。

この容姿というのは、カワイイとかキレイというわけでも、担当者の好みかどうかというわけでもありません。

出版社が重要視するのは、“表紙”や“帯”で使って、売上に効果を発揮するかどうかです。

ただ、たとえ“表紙”や“帯”で使えるといっても、100点満点中80点の企画書が85点になるぐらいだそうです。

もちろん、男性同様に写真があまりにも変だと、それで落ちることもあります。

 

つまり、著者プロフィールに写真を貼ることを指導される方も多いですし、それに従い、写真を貼った企画書を送ってくる方は非常に多いのですが、実際は、損することはあっても得することは少ないのです。

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

編集者の出版企画書のとらえ方

出版をする場合、企画書を書き、それを持って出版社や編集プロダクションに売り込みをします。 ただ、その場合に持って行く企画書のとらえ方が、書いた人間と読む人間とでとらえ方が違うように思います。 &nbs …

出版企画書の体裁(長さと厚さ)

出版を目指すのであれば、出版企画書は避けて通れません。 その出版企画書ですが、教える人によって大きく異なります。 企画の全てを盛り込み、サンプル原稿まで添えたぶ厚い企画書を推奨する方、そして、パッと見 …

出版企画書でもっとも重要なポイントは…

今まで、たくさんの企画書に目を通しましたが、企画書で大切なことは、その企画書を読んでどういう本が出来上がるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな人が、どんな切り口で、どんな構成で …

本に載せる肩書きや著者のプロフィール

はじめて本を書こうとする場合、企画を通すのに、著者であるあなたの肩書きは重要です。 無名の著者では、読者はその内容を信用できません。 しかし、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント …

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …