書籍を書きたい、出したい、執筆したい

出版塾・出版セミナーの講師をつとめる出版プロデューサーが本を商業出版で出す方法を教えます!

企画書の書き方

本に載せる肩書きや著者のプロフィール

投稿日:

はじめて本を書こうとする場合、企画を通すのに、著者であるあなたの肩書きは重要です。

無名の著者では、読者はその内容を信用できません。

しかし、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント」などの肩書きがあるだけで、何となく信用できてしまうことでしょう。

 

そういった、読者への説得力は意外に重要で、この肩書きがあるのと、ないのとでは企画の進行可否に大きく影響します。

もちろん、士業のような資格的な肩書きが理想ですが、自己申告で言えるような肩書きでも構いません。

他にも「元~」といった肩書きでも構いませんし、実績でも構いません。

 

いずれにしても、ご自身を自分でブランディングして、読者への説得力を増す工夫は必要です。

企画書の著者プロフィールを書かれる場合、そんなコトも意識して書いてみると良いでしょう。

 

ただし、あまり大げさな肩書きは、逆効果になりますので、注意が必要です。

Ad

Ad

-企画書の書き方

執筆者:

関連記事

本の企画の考え方

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。 その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。   書籍は出版社の商品です。 &nbs …

出版企画書でもっとも重要なポイントは…

今まで、たくさんの企画書に目を通しましたが、企画書で大切なことは、その企画書を読んでどういう本が出来上がるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな人が、どんな切り口で、どんな構成で …

出版社で企画が決まるまでの流れ

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。 各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。   1回目の会議 ここで …

出版企画書の体裁(長さと厚さ)

出版を目指すのであれば、出版企画書は避けて通れません。 その出版企画書ですが、教える人によって大きく異なります。 企画の全てを盛り込み、サンプル原稿まで添えたぶ厚い企画書を推奨する方、そして、パッと見 …

出版企画書の書き方/書名

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります。 企画書でまず最初に書かなくてはならないのは『書名』です。   書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に …