編集プロダクション 千代田区

About

*

売上販売部数を意識して出版企画を考える

本を書きたい人は、その本への思い入れがあります。

もちろん、たくさん売れるにこしたことはありませんが、それはあくまでも希望であって、目標は別にあるはずです。

  • 本を出せればいい人
  • 出版社に損させなければいい人
  • 3万部以上にしたい人
  • 10万部を目指したい人

実は、この目標設定は、非常に重要です。その目標によって、企画書の書き方も変わってきますし、原稿の書き方も変わってきます。

○本を出せればいい人

ここが目標なら、出版社での企画会議に通る企画書を作ればよいのです。

極論ですが、自費出版に近いコストをかければ通りやすくなりますし、出版社の担当者を言いくるめられれば、目標は達成されます。

もちろん、一冊以上の書籍は出せなくなるとおもいますけどね。

(私もここが目標の方には、お手伝いしたいと思いません)

 

○出版社に損させなければいい人(増刷がかかるレベル)

ここが目標なら、出版社での企画会議に通る企画書を作るだけではなく、読者にとって有意義な内容にしなくてはなりません。

 

○3万部以上にしたい人(ビジネス書ではベストセラー)

ここが目標なら、さらに本が発刊された後に売れる仕掛けを作る必要が出てきます。

 

○10万部を目指したい人

ここが目標なら、根本から考えて直す必要があります。

多くの方が、本を書くことで自分のブランディングをしようとしますが、ここが目標となると著者としてのブランディングからはじめる必要があります。

しかも、かなり際立ったブランディングが必要なため、ある程度の開き直りに近い覚悟が必要になります。

その上で、企画内容、誌面構成、原稿、書名、カバーなど、いたるところでこだわらなくてはなりません。

そのためには、出版社の方とのコミュニケーションも重要ですし、時間もかかります。

しかも、実際は、こだわればこだわるほど、ギャンブル性が高くなります。

当たれば、もの凄く売れますが、外れたら、全く売れないのです。

(責任転嫁しやすくするために、ここを目標にした出版プロデューサーもいらっしゃいます)

 

本を書きたいのであれば、希望ではなく、しっかりと目標を立てて、取り組んでください。

希望だけでは本は売れませんので…。

 

で、あなたは、どこを目標にしますか?

2014/05/13 | 書籍を出したい

Ad

関連記事

no image

本を書いてみたいと思ったら

あなたが、もし、本を書いてみたいと思ったら、まず、自分の経験や実績の中...

記事を読む

no image

出版するには…

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じ...

記事を読む

no image

書籍を出したければ、まずは企画書を書こう

「本を書きたい」と思っていらっしゃる方は多いようですが、何を書きたいの...

記事を読む

no image

著者名は本名か? ペンネームか?

これから本を書く人も、すでに本を書かれた人も、注意して欲しいのは、『著...

記事を読む

no image

ブログで人気が出て、書籍化されるには

すでに数々の人気ブログが存在し、書籍化するケースも少なくありません。 ...

記事を読む

新着記事

no image

編集者とは会わなきゃ伝わらないコトもあります

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む時は、できる限り、担当者に会...

記事を読む

no image

出版企画書の書き方/構成案

書籍の企画書で一番重要なのは、構成案です。 構成案というのは、簡...

記事を読む

no image

出版企画書の書き方/企画概要

企画書を書くというと、一般には5W1Hをイメージされる方が多いと思いま...

記事を読む

no image

出版企画書の書き方/書名

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります...

記事を読む

no image

編集者の出版企画書のとらえ方

出版をする場合、企画書を書き、それを持って出版社や編集プロダクションに...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 編集者とは会わなきゃ伝わらないコトもあります
    • 出版社や編集プロダクションに企画を売り込む時は、できる限り、担当者に会うようにしましょう。   企画書をメールで送ると、その企画書が全てです。 その企画書だけで判断されることになります。   さらに、 […]
    • 出版企画書の書き方/構成案
    • 書籍の企画書で一番重要なのは、構成案です。 構成案というのは、簡単に言うと目次のことです。   つまり、書籍の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかという書きたい書籍の設 […]
    • 出版企画書の書き方/企画概要
    • 企画書を書くというと、一般には5W1Hをイメージされる方が多いと思います。 しかし、出版の企画書には5W1Hはほとんど必要ありません。   いつ(When)→出版時期は出版社が決めるか原稿の仕上がりによります。 […]
    • 編集者の出版企画書のとらえ方
    • 出版をする場合、企画書を書き、それを持って出版社や編集プロダクションに売り込みをします。 ただ、その場合に持って行く企画書のとらえ方が、書いた人間と読む人間とでとらえ方が違うように思います。   企画書を書く場 […]
    • 出版企画書の書き方/書名
    • 出版社や編集プロダクションに企画を売り込む場合、企画書が必要になります。 企画書でまず最初に書かなくてはならないのは『書名』です。   書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名になることはほとんどあ […]
PAGE TOP ↑